一定期間更新がないため広告を表示しています

ちょっとみなさん聞いてください!緊急!これは大変な事態です!2月3月と命を削って働いたせいで4月度に体調不良を起こして光の速度で有休を使用してしまい、2012年度の残り有休がな、なんと、残すところあと○日となってしまったのである(実際に記載するとあまりの衝撃に松田の心が折れてしまい「松田の霊圧が消えた!?」と心配されるため書きません)。おお、神よ、何故こんなことに…。しかもドワーフ族に代々伝わる言い伝えによると、次の祝日まで実に2ヶ月ほど間が空いてしまい、土日以外にゲームができない状況が長期間続いてしまうというのである。午後は客先!と言いつつしれっと家に帰ってアホみたいな顔してゲームをしたりしてしまった僕にも、この悪魔のような状況には冷や汗を禁じえない。一体誰が最初に言い出したんだよこんな祝日の設定は!そりゃまあいい歳した大人が会社サボってPS3やったりしてたんだから相応の仕打ちと言えば仕打ちであるが、だからってこんなのあんまりじゃないですか!いつゲームすればいいんですか!いつ27インチの大画面と向き合えばいいんですか!いつアイドルマ…マ…マ…マ……マカフィーだよばか!聞いてはいけない暗黒の単語を聞いてしまった…みたいな顔するなよ!アイドルマカフィーってのはつまり、そうだな、えーと、Windowsがアイドル状態のときにしかスキャンしない超高性能アンチウイルス機能のことなんだよ!決してマから続く言葉はマスターじゃない!マスターじゃないですよ、プロデューサーさん!ほらだからさあ、某ゲームと勘違いした詫びにさあ、たのむよ祝日を早く持って来いよお…。などと盛大にアンチウイルスソフト名で誤魔化してみたはいいものの、祝日を前ずらしにしろやなどと天皇陛下ですら無理な難題を僕如きが解決できるわけはなく、暗雲漂う5月6月を歯を食いしばって生き抜く他はないのである。しかし、ここで松田、あることに気づいてしまった。先ほど有休の残りが○日と書いたが、つまり残日数がゼロではないのである。ということはまあ、休もうと思えばいくらでもその分は休めるということになってしまうのだ。2012年度が始まったばかりなのにこの残日数ということで気が動転し、見えるものも見えなくなっていたようだ。たしかに6月なんかですべての有休を消費してしまっては、長丁場を耐え切れる勇者はそうはいないだろう。しかしこの松田、不可能を可能にした男(大学に6年通う、など)ではなかっただろうか。であれば今使い切っても…いける…?いけるんじゃないかな!?そうだよ大丈夫!そうだよね春香ちゃん!?「プロデューサーさん!大丈夫ですよ!」よっしゃ!お前らの命、俺に預けろやー!

松田の霊圧、完全消滅!!
 いやーほんと久しぶりだわー。日記書くのとか3年ぶりだわー(ミサワ風)というわけで約3年ぶりの更新だけどいつも通りド底辺以下の文章を書いていくよ。

ここ最近風邪ひいてまして、会社をほぼ2週間ほどお休みしていました。まあね、3月ずっと休日も出続けてたんでしかるべき休養ですよとか思ってたら、こっちが気を緩めてると業務携帯にかかってくるわ電話電話。「見積もり作ってよ」とか「スケジュールどうすんのよ」とかいう仕事に関わる連絡ならまだしも「今からラーメン食いにいくからちょっと出てこれるか」とか「おすすめのゲームはどれか、箱で」とか、いやいやお前らええ加減にせえよと。そういうBLEACHの背景以下のスッカスカの内容で電話かけてくるのやめえやと。こっちは限界を超えて分泌された鼻水が気管を直接攻撃するもんだから、30秒に一回は喉の奥からヴァニラ・アイスが「ハロー!」とかいって出てくるくらいの嗚咽をしているときに周りはこれです。神も仏もいない。ほんとお前ら一回自分の会社の離職率がなんで高いのかとか、平均年齢が40歳を超えてしまっているのがなんでかとか考えてみてください。人が苦しんでるときに散々よってたかってつまらん内容の電話かけてくるくらいなら、もうちょっと自分の時間を有意義に使うようにしたらどうですか!?例えばそこ!「モバゲーの有料ガチャで5万飛ばした」とか自慢して言うことじゃないですからね。底辺も底辺。ド底辺の所業ですよそんなの。大体なんなんですかその有料ガチャってのは・・・。え?なに?アイドルマスターの?ガチャで?Sレアを手に入れるために?何千円かするガチャをいっぱい回した?いやいやおかしいでしょ、君それ所詮は0と1の羅列が画像という形を成しているにすぎませんよ!?まあでもそこまでして手に入れたかったものというのはいったいどういうものか私に見せてくれてもいいんちゃうかな。うん。ほう。へえ、かわいいなあ。へえ、渋谷凛ちゃんねえ。へえ。ねえねえちょっと話は変わるけどモバゲーってiphoneでもできるん?
すごく久しぶり!なんていうか、ここ三年ほど何やってたん?って聞かれたら、赤面しながら「な…何も…」としか言いようがないくらい何もやっていませんでした。就職したはいいけど、半年はクソ田舎で新人研修なんてやっちゃってましたからね。その新人研修っていうのが度肝を抜くくらいつまんないもので、最早ソレスタルビーイングが介入してきてもおかしくないレベル。まあ介入してきたところで、うちの会社のクソ上層部を見た瞬間裸足で逃げ出してしまうかとも思うんですが。刹那・F・セイエイ君もあんな人外に打ち勝つ術は持ち合わせていないだろうて。なんてったって髪型がエリンギですからね。わかりますか、エリンギです。北国エリンギですよ。人じゃない、エリンギが壇上に立ってご講和してらっしゃるんですよ。なんの冗談だよ、やめてくれ。俺は菌を撒き散らす得体の知れない物体の講和を聞くために会社に入ったのでもないし、「かまってくれなくてさみしかった、会いたかった」とかいうラテン語?ヘブライ語?なんかちょっとよくわからないんですけど、そういう西野カナのワンパターンな詩みたいな理由でフラれるために会社に入ったんでもない!もっと汗水垂らして光り輝くために、会社に入り、社会に溶け込み、奴隷となるために上京したんだよ!なんだよもう!こんな意味不明で何の益にもならないつらいことばかりなら、明日も半休しちゃうぞ!
笑い飯がM-1王者になるくらいまで時間がかかることで有名な「卒論」とかいう化け物に全く攻撃を加えていない状態からかれこれ半月。で、今はどうなん?と聞かれれば亜光速で「ドーン!」と言いながら質問者の脊髄を引っこ抜いてむしゃむしゃ食べるしかないくらいの惨事に見舞われています。というよりも何故こういう時期に限って他の色々な事が滝水のように押し寄せてくるのでしょうか…。いくら神を超えたと噂される存在の僕でも全てを相手にすることは到底不可能。ならば終わらせられるものから終わらせてやろうじゃないか?というわけで卒論は最後までおあずけ!こ、これは伝説のオイシイモノハサイゴニ・アルティメット・ソードだ〜!松田家代々伝わる禁断の秘剣をついに解き放った〜!いくらサルーインでもこれには敵わんやろ〜?ってなどうしようもない感じで気づいたらクリスマス!資本主義に飲まれた豚どもがわんさか街を練り歩き、薄汚い2万円の石っころを嬉しそうにプレゼントしちゃう姿なんて見てしまうと僕は涙腺が決壊してしまいそうです!そんな阿鼻叫喚の地獄絵図の中、みなさんいかがお過ごしでしょうか!どうですか!元気してますか!ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール(16歳・貴族)を壁紙にして喜ぶという人類史上類を見ない可哀想な人間になっていませんか!?と言っても、まさにその悲劇の中心に佇んでいるのは僕という人間なのですが、決して後悔なんてしていません。親が部屋に入ってきたって平然とルイズが1680×1050pxの大きさで微笑んでいますし、二人きりの時にいたっては次元を超えたロミオとジュリエットを演じて恍惚の表情にいたっています(僕だけが)!さ、最高や〜!もう三次元に用はあらへん!これからは二次元の彼女と共に人生を歩んでいくんや!クリスマスなんてリアル世界だけの催しもんですよ!古い!君たち古いわー!と思っていたらクリスマスアニメ特集なんてやってるもんだからこっちが死亡ー!
ア…アバッキオ!(セレブのみ使用が許されるご機嫌ようの挨拶)

なんだかんだで12月。ちなみに先月はパソコンの画面をぼーっと見ている間に過ぎ去ったのでよく覚えていない。らき、とか、すた、とかいうヲタ御用達アニメを一日中見て、何の役にも立たない声優知識だけが増えたような気もするなあ。とりあえずそんなINORANの存在意義よりも空っぽなリアルライフを語るのはやめだ。このまま語り続けては世界の破滅を導くどころか親の涙まで導きかねないからね。そんな話よりも今の旬は卒論!これにつきるでしょー。卒論、いやー実に良い響きです。もうすぐ(上手くいけば)卒業って感じがひしひしとこう、なんか、伝わってくるよね。思わずグッと拳を握りしめて、涙を堪えながら天に向かって「教育大学は全部潰れろー!」って絶叫したくなるこの気持ちをみんなに伝えたい。つい1ヶ月程前までは「ソツロン?エリクサーの一種かよ」とか言ってた僕が今は堂々と卒論の進行状況なんぞを口にしているのですから、それが一体どれほどの進歩なのか聡明な方ならばお分かりいただけることでしょう。ゼニガメがカメックスになったとかそんなチャチなもんじゃあ断じて在りません!これは最早ポッポがミュウツーになったとかそんなレベル!あまりの進化具合に、全ジムリーダーが僕の前にひれ伏して、タマムシジムリーダー・エリカ様を献上してくるのも時間の問題と見た。おお…彼女の可愛さに恐れをなして止めを刺すのを躊躇った苦い思い出が蘇ってくるぜえ…。とまあ、そんな全宇宙生命がうんざりするほどのポケモントークは置いといて、ここで大問題が発生したのでみなさんにお伝えせねばなりません…。何が大問題かといいますと、卒論を年内に仕上げるように指示が出たにも関わらずテーマが一切、欠片も、一分の隙も無く決まっていないということです!ゼミの中心でWhy?を叫んでしまいそうな非常事態ではないでしょうか!6回生という無慈悲な立場を難なく乗り越えてきた僕でも、これはさすがに如何ともし難い状況であることは明々白々であります!思えば一ヶ月前、卒論どうのこうのの説明を受けた時にもっと真剣に考えておくべきだった…。責めるべきは自身の怠慢…。つまり己の中に敵はあり…?そうと決まれば話は早い!キエエエエエエエ!ブシャアア!(剣で斬った音)よし!己を倒したぞ!世界は救われた!「ふはは…それは私の幻影なり…」なんだ貴様…貴様が俗に言う魔王か!「その通りだ松田!お前なんぞ我がウルトラインフィニティベギラマで焼き殺してくれるわ!」な、なんだそのチート丸出しの呪文は…!?さてはデータ部改竄しやがったな!?「ふははその通り。これを喰らうとお前は一生卒業が出来なくなるのだ!」ベギラマ全然関係ねええ!…ええいもう邪魔くさい!魔王だか苺ましまろだか知らないが…まとめて…かかって…きやがれェェエエッ!

----

俺達の戦いはこれからだ!松田先生の次回作にご期待ください!
| 1/31 | >>
ここは見ないで上のリンク先に是非飛ぼう。